薬剤師という仕事

私の母は私が小さいころから「大きくなったら薬剤師になりなさいよ!」ってよく言われていました。

理由は国家資格で、一生職にあぶれることはないから…

確かに薬剤師さんの活躍の場所は、病院、ドラッグストア、研究機関、せいやっく会社、官公庁など幅広いですよね。

しかも薬剤師さんは平均年収も高いんですよね。社会的にもステータスが高い職業ですしね~!

といっても、私はそんなに成績が良かったわけではないので薬剤師なんて目指せるわけではなく、平凡なOLとなりましたが…

調べてみると薬剤師さんってプレッシャーを感じる仕事でもあるんみたいなんですよね。というのも、医師の処方箋に基づいて、患者さんに正確な薬を正確な量を調剤する必要があります。

薬の種類は絶対に間違えることはできませんし、薬の量も多少でも誤差があれば副作用が出てしまうことも十分に考えられますよね?かなり集中力が必要な作業ですね。特に休祝日前後は患者さんも多いため、かなり忙しく、神経を使うようです。

さらに…薬剤師さんは、処方した薬をいつ・どれくらい飲むのか、薬がどのように効くのか、何に気をつけなくてはいけないのかということを患者さんに丁寧に説明し、しっかりと理解してもらう必要があります。

万が一、患者さんに薬の情報が正確に伝わらず、誤った服用をしてしまったら患者さんの健康を損なう恐れもありますよね。

これからますます高齢化社会が進むので、高齢の患者さんとのコミュニケーションが求められます。

あと、時代とともにどんどん新しい薬が開発されるので、薬剤師さんは常に勉強をしないとダメですね。

と、こんな感じで薬剤師さんは簡単な仕事ではなく、スゴクプレッシャーがかかる大変な仕事。年収が高いのも納得です。

もちろんきっとやりがいも感じられる仕事だと思うし、結婚したり子供が生まれたりしてライフスタイルが変わっても薬剤師として働き続けられるのが魅力ですよね。

薬剤師専門の転職支援サービスも結構多いですよね?ブランクがあってもOKというような求人も多く見かけます。そういうところは、薬剤師として働くメリットのひとつですよね。

お勧めの転職支援サービスを選ぶなら、このサイトが参考になると思います⇒神戸の薬剤師求人

私も母親のアドバイスをちゃんと聞いてもっと勉強しておけばよかったかな~?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です